BLOG ブログ

HOME // ブログ // 制限・斜線制限とは

CATEGORY


法規

制限・斜線制限とは

希望の建物を建てるためにはさまざまな制限があります。地域によっては異なるものもあります。
まずは一般的なものをご紹介します。

目次

斜線制限は建築する前に知っておこう

採光、日照、通風、安全といった市街地の環境を確保するために、決められた斜線より外に家は建ててはいけない制限を「斜線制限」といいます。 斜線制限には道路斜線制限と隣地斜線制限、北側斜線制限があります。道路斜線制限は全ての地域に適用されているので、敷地と反対側の道路の境界から一定の角度で引 かれた斜線以下に、建物の高さを制限するものです。 隣地斜線制限は隣地境界から一定の高さを超える部分に斜線による高さを制限するものです。これは低層の住居専用専用地域以外に適用されます。 北側斜線制限は低層や中高層の住居専用地域の北側に適用するもので、敷地の北側境界線に一定の角度で斜線を引き、その外側には建物を建てられないという制限です。これらの規制は形態規制とよばれています。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧