BLOG ブログ

HOME // ブログ // 地盤・基礎の種類

CATEGORY


地盤・基礎

地盤・基礎の種類

住宅を支える、人間の足腰にあたる部分を基礎といいます。 基礎は一定以上の幅と高さが必要で、公庫による高耐久性木造住宅の基準では「一体の鉄筋コ ンクリート造の布基礎で、幅12cm以上、地盤面上40cm以上のもの」とされています。割れたり崩 れたりしないことが大切なのはいうまでもありませんが、地盤によっては基礎の下部に杭を打った り、ベタ基礎(布基礎の間にコンクリートを流して固める)にして地盤への強度を高めます。 また耐久性のために、腐朽、腐食対策も必要になっています。

目次

基礎の種類

基礎構造を決めるポイント

地盤の強さ建物の重量が大事です。建物を支えるいちばん下の構造は基礎になりますが、 地盤調査をした上で構造に適した基礎を築かないと、建物は重みでめり込んだり、傾いたりしてしまいます。木造であれば、通常は壁の下に土台を結合させる<布基礎>が基本ですが、建物が鉄筋コンクリート造の場合は重量があるので、建物全体の下にコンクリートの版をつくって支える<ベタ基礎>や杭を地中深く打ち込み、その上に基礎を設ける<杭基礎>を用いなければならないこともあります。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧